個別指導塾では目的に合わせてカリキュラムを組むことができます

男の人

論理的に説明する

ノート

大学や専門学校に進学する場合、必要になっていくのが小論文です。試験や面接だけではなく小論文も試験科目に入っていることが多いため、しっかりと対策を行なうことが重要になります。作文とは違ってテーマに沿って論理的な文章を書く必要があり、自分の個人的な意見を述べたり感想を書いたりすることはないのです。そのため、普段から書き慣れていることが重要になっていきます。小論文は毎回テーマが設けられますが、学校によってもテーマの内容は異なるのです。自分が得意とするテーマや好きなものを選べないので、試験当日で実力を発揮させる必要があります。試験と同様に合否の基準となるもので、内容に沿って自分の意見をしっかりと述べているかなどを判断するものでもあるのです。小論文には作文にはないルールや決まりごとがあることから、書き方をしっかりとマスターすることが重要になっていきます。文章構成や根拠となるものを書く必要もあるので、苦手意識を感じてしまう人は多いのです。文章を書く上で大切になっていくものが、読み手にわかりやすい内容になっているか、論理的にしっかりと書かれているかなどになります。自分の意見を主張したものをたくさん書いていても、わかりにくい内容になってしまうと評価を上げることはできません。テーマをある程度理解することによって、しっかりと対策をしていくことが可能になります。専用のサイトでは出題傾向の多いテーマを学校別で紹介しているので、対策をしていくことができるのです。